庭・ガーデンリフォームの費用相場は?予算別の実例やポイント

庭・ガーデンリフォームの費用相場は?予算別の実例やポイント

庭・ガーデンリフォームの費用相場について、参考金額を出してみました。

もくじ

庭・ガーデンリフォームの費用相場

庭工事・ガーデンリフォームを検討する際、お問合せの段階で、一番気になるのは費用面かもしれません。

初めて、庭・ガーデンリフォームの工事をする場合、多くの方が費用相場がわからなくて、不安に思うのではないでしょうか。事前に、費用相場のイメージがつかめれば、庭・ガーデンリフォームをより具体的にイメージして頂けると思いました。

もちろん、庭・ガーデンリフォームの場合、土地のサイズ感や現場状況など、現場ごとに施工条件が異なる為、電化製品の様な形で、一概に金額の提示は出来かねます。

今回、イメージを掴んで頂くため、ご参考金額として準備しましたので、その旨、ご了承下さい。

【種類別】庭・ガーデンリフォームの参考価格

住んでみて早3年。新築時はお庭まで手が回らなかったので、そろそろ庭工事を考えたい

建築中は気にならなかったけれど、実際に暮らしてみると、通行人の目線が気になる

子供も大きくなってきたので、プールができるお庭が欲しい

庭の雑草管理が大変で、何とかしたい

自宅に、リゾートホテルの様な、ラグジュアリーな”離れ”が欲しい

アウトドアリビングに興味がある

実際に暮らしてみると、様々なご要望が出てきます。しかし、いざ問合せするにしても、予算のイメージがつかめず、躊躇するケースもあるかと思います。

今回、庭工事の主な項目を参考価格として、種類別にまとめてみました。少しでも庭・ガーデンリフォームのご予算イメージを掴んで頂ければ幸いです。

ウッドデッキ

庭のリフォームをする際、人工木デッキに関する、お問い合わせは多いです。庭が土のままでは、中々、お庭に出る機会も減りますが、ウッドデッキがあることで、ウチからソトへ出るきっかけになります。

また、お子様が小さいときは、ウッドデッキの上にプールを置くこともできますし、サーフィンやスノボをされている方は、ウッドデッキの上でボードの手入れをしてもいいかもしれません。

庭にウッドデッキを一個作るだけで、ライフスタイルを変えることもできるのです。それが、ウッドデッキの魅力です!

ウッドデッキの参考価格ですが、小さいサイズの人工木デッキで40万円程度~です。もちろん、デッキのサイズや種類、オプション、施工条件次第で金額は変わってくるので、まずは、御見積を取ってみてください。

その際、デッキで何をしたいのか、どのくらいのサイズが必要なのかを考えておくと、サイズ感を決める上で役立ちます。併せて、ご予算もお伝え頂ければ、デッキの種類(高価格帯デッキ or 標準価格帯デッキ or 安い価格帯のデッキ)を決める上で役立ちます。

タイルテラス

庭のリフォーム工事のお問合せで、ウッドデッキと同じくらい「タイルテラス」に関するお問合せが着ます。タイルテラスも造ることで、建物の中から外へ出るきっかけになります。

庭工事で多いのは、ウッドデッキと合わせて、タイルテラスを設置するパターンです。建物の通気口部分を塞がないよう、ウッドデッキでリビングからの動線を作り、一段下にタイルテラスを広く取ることで、スペースを造る演出が多いです。広いタイルテラスの上に、アウトドアファーニチャーを置くことで、ご家族やご友人の方と、お茶したりする何気ない時間を過ごすことができます。また、雑草対策にもなりますので、現在、お庭を活用できていないお客様にも、オススメしています。是非、検討してみてください。

なお、タイルテラスの費用相場ですが、参考価格として、小さいサイズで35万円~程度です。タイルテラスのサイズや施工条件(工事する場所など)によっても金額が大きく変動しますので、まずは、御見積を取ってみてください。

テラス屋根 / 日よけ

ウッドデッキやタイルテラスと合わせて、できれば、テラス屋根や日除けも検討することをオススメしています。陽射しの暑い日、炎天下の下で過ごすのは辛いですよね。テラス屋根や日除けを付けることで、陽射しを遮り、くつろぎのスペースを演出することが可能です。また、上からの目隠しにもなりますので、目線が気になる方にもオススメです。

なお、ドッグランをご検討中のお客様は、犬は暑さに弱いので、是非、テラス屋根/日よけを合わせてご検討下さい。

ご参考金額ですが、2間×6尺、シェード込みで、70万円程度です。金額は使用する商品の種類、施工条件によって変わる部分ですので、あくまで目安程度にお考え下さい。

目隠しフェンス

建物が建って、実際に住んでみてから目線が気になることも多いです。外からの視線であったり、もしくは、道路に置かれたゴミ箱など、住んでみないとわからない部分もあります。

例えば、気になる部分に後から、目隠しフェンスを設置することで、より快適に暮らすことも可能です。実際、目隠しフェンスに関するリフォーム工事のお問合せも多いです。

また、目隠しフェンスと合わせて、シンボルツリーを植えたり、シンボルツリーをライトアップすることで、より雰囲気の良いお庭にすることもできます。

目隠しフェンスの予算感ですが、20万円~程度でしょうか。商品、高さ、距離、内容によって、金額が大きく変わるので、ご参考金額としてお考え下さい。

御見積を取る際、目線の気になる部分と、どの程度の高さまで目隠しが欲しいのかを事前に把握しておくと打ち合わせがスムーズに進むでしょう。フェンスの種類・距離・高さによって金額が大きく変わりますので、予めご予算を提示した方がご希望に近い形でのご提案となります。

人工芝 / 天然芝

近年、増えているお問合せとして、「ドッグラン」があります。とりわけ、「ドッグランで人工芝を敷きたい」といったケースや、「昔から、芝生のある庭に憧れていた」といったお話も多いです。

概算ですが、30㎡程度として、参考金額を試算してみました。

人工芝:約40万円~
天然芝:約15万円~

現場によって、施工条件が変わるので、金額は目安です。

雑草にお悩みの方、是非、人工芝で綺麗なお庭を実現してみてはいかがでしょうか。

また、ドッグランをご検討中のお客様は、ご予算次第で、人工芝と天然芝どちらにするかをご検討してみてはいかがでしょうか。

シンボルツリー / 植栽

庭工事をする上で、是非、併せてご検討頂きたいのが、シンボルツリーと植栽工事です。植栽を入れるだけで、庭・ガーデンの雰囲気が大きく変わります。自然の樹形がもたらす景観は、人工物では表現できない独特の美観となります。葉や枝が風に揺らぐ様は、見ていて癒しを与えてくれます。また、例えば、目隠しフェンスを設置するだけでは、冷たい印象ですが、植木を入れることで、温かい雰囲気を演出することができます。また、ウッドデッキを一部くり抜いて、植木を入れてライトアップすれば、それだけで一つの景観として成立します。

そんな植栽工事ですが、ある程度のサイズ・カッコイイ樹形の物を入れると、それなりに予算もかかってきます。雑木ベースのご参考金額ですが、高木 H3.5×1株/高木 H2.5×1株/中木 H2.0×1株/低木 H0.5×10株…約25万円程度です。

施工条件や樹種によっても変わります。また、敷地の中の庭の位置次第で、運べる樹のサイズも変わりますので、目安程度にお考え下さい。

ライティング / 照明

住んでみたら、庭が暗かった。もっと照明が欲しい

市販のソーラーライトを入れたけど、暗い

そういった声も多いです。

例えば、庭工事・ガーデンリフォームと合わせて、照明の追加を検討してみてはいかがでしょうか。

シンボルツリーにスポットライトを合わせて設置するだけで、夜の景観も、雰囲気抜群に演出が出来ます!例えば、冬の落葉樹、葉っぱが無い時期でも、樹形のシルエットが美しくライトアップされます。

また、外に灯りを増やすことで、夜間、外に出る時の安全対策にも繋がりますし、防犯対策としても役立ちます。

そんな電気工事ですが、ご参考金額を試算してみました。標準的なスポットライト3個入れて、目安ですが、15万円~程度かかります(照明の種類、電気の取り出し口の状況、配線配管の距離により、価格が変わります)。

また、近年、庭で用いる照明の個数が増える傾向があるので、御見積を依頼する際、個数も含めて担当者に相談してみてください。

ガーデンルーム

以前からあったガーデンルーム。以前は、リビングの延長や洗濯物干し場としてのイメージが強かったです。しかし、近年、その印象も大きく変わってきました。最近のガーデンルームは、自宅の「離れ」として使ったり、屋外にあるもう一つの部屋として魅せるスタイルの、グランピング施設の様なガーデンルームが出てきました。自宅にカッコイイガーデンルームがあれば、リゾートホテルで過ごす様なラグジュアリー空間を普段から楽しむことができるので、オススメです!今回、こういったカッコイイガーデンルームに関して、まとめてみました。

お問合せの段階で、一番気になるのは費用面でしょうか。ガーデンルームとタイルテラスなどの庭造りを合わせて考慮すると、ザックリ概算ですが、500万円~程度です(←サイズ・オプションによって変わるので、目安です!)。ガーデンルーム下の納まり(タイルテラスのサイズなど)も現場ごとに異なりますので、あくまで、目安程度にお考え下さい。庭のサイズがある程度大きい場合、1000万円~程度を考慮しておいた方が無難です。

グランピング施設の様なラグジュアリーなアウトドアリビングを実現する場合、ガーデンルームと付帯する庭工事を合わせて、2000万円~程度は覚悟しておいた方がいいです。内容・サイズ次第では、3000万円になる可能性もありますし、規模が小さければ1500万円で納まる場合もあります(アウトドアリビングを考慮する場合、ガーデンルーム本体の価格だけでは無く、周囲の目隠しフェンスやタイルテラスなどの床部分、植栽、照明、ガーデンファニチャーなど、他の部分をどこまで実現するかによって金額も大きく変動します)。

いずれにしても、規模・内容によって大きく金額が変わりますので、ご検討中のお客様は、御見積を取ってみてください。その際、ご予算とかけ離れた提案にならない様、予めご予算を提示することをオススメします。

庭・ガーデンリフォームを成功させるためのポイント

庭・ガーデンリフォームを成功させるためのポイントをまとめてみました。

  1. 庭で何をしたいか考える(例、子供とプールしたいので、デッキが欲しい)
  2. どこに欲しいか考える(例、気になる目線の前に目隠しフェンスを設置したい)
  3. ご予算はどのくらいか考える
  4. 将来的に欲しいリフォームはあるか考える(※同じタイミングでまとめて工事した方がお安くなるので、オススメです)

まとめ

庭・ガーデンリフォーム工事を検討する上で、費用感のわからないお客様も多いと思います。お問合せを行う前に、費用のイメージを掴んで頂ければ、もう少し気軽にお問合せできるのではと思い、費用に関してまとめてみました(規模や内容次第で金額が変わってしまうので、あくまでご参考金額となります)。

例えば、タイルテラス(35万円~)と人工芝(40万円~)をご検討中の場合、両方の金額を足せば、75万円~程度と何となく金額のイメージがつくと思います。もちろん、規模や施工条件が異なる為、正式な見積りは取ってみないと分かりません。しかし、お問合せの前に、何となくイメージを掴むことが出来れば、ご予算との兼ね合いとはなりますが、追加でのご要望も併せて検討することもできます。

また、お打合せの際、ご予算の上限金額を教えて頂けると、よりお客様のイメージに近いご提案に繋がります。例えば、アウトドアリビングでガーデンルームを入れたいけれどご予算を大きくオーバーしてしまう場合、上限金額を教えて頂いた結果、ご予算に近づけて小さいサイズのガーデンルームにしたり、ガーデンルームが無い形でのアウトドアリビングのご提案となるなど、ご提案の幅が広がります。

庭・ガーデンリフォーム工事をする際、費用も掛かってきますので、是非、世界に一つだけの場所を造り、夢を叶えて頂ければ幸いです。

庭・ガーデンリフォームの費用相場は?予算別の実例やポイント

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

もくじ
閉じる